二重まぶたになるにはどういう手術がある?

埋没法とはどういう手術?

二重まぶたになるための手術の1つに、「埋没法」と言う方法があります。

埋没法はまぶたにメスを入れない方法として、人気のある手術の方法です。

具体的な手術の方法としては、どういうふうにまぶたに二重の線を付けるかを考えて局所麻酔をします。

そして、微細な医療用糸でまぶたの裏側を縫い合わせることで、二重まぶたにするのです。

つまり、埋没法では、糸の力のみで二重まぶたを目指すと言うことです。

なので、切開による手術でよくありがちな腫れや痛みなどは最小限に抑えられて、リラックスしながら二重まぶたを目指すことが可能です。

手術時間も両目で30分以内と短時間で済みます。

手術当日からシャワーや洗顔も可能なので、ダウンタイムも比較的少ないです。

また、埋没法の良いところは、仕上がりが気に入らなかった場合にやり直しが利くことも挙げられます。

ただ、埋没法はメスを入れる手術に比べると、一重に戻りやすいと言うデメリットが存在します。

切開法とはどういう手術?

二重まぶたになるための手術には、埋没法の他に「切開法」と言う方法もあります。

切開法には、部分切開法と全切開法とがあります。

部分切開法は局所麻酔をしてから、まぶたの表面を1、2cmほどメスで切開する方法です。

切開した後はまぶたの厚い部分とか糸が切れる可能性のある部分を縫い合わせて、1週間後くらいに抜糸をします。

そして、全切開法は二重の線を付けたい部分に合わせてメスを入れて、余分な筋や組織を除去する方法です。

切開した後はまぶたを厚くする脂肪を除去して縫い合わせて、1週間後くらいに抜糸をします。

部分切開法は部分的に切開するので、腫れや痛みが治まるまでの期間が全切開法に比べて少なくて済みます。

とは言っても、部分切開法は誰でも適している訳ではなく、まぶたが厚すぎたり、腫れぼったかったりする場合には全切開法の方が効果を実感しやすいです。

全切開法では二重にしたい部分全体的にメスを入れることで、自分好みの二重まぶたを実現しやすいです。

しかも、まぶたの厚みや腫れぼったさなども、確実に取りことができます。

「手術はできれば負担の少ないものが良い。」と考えている人は多いのでしょうが、その分効果も落ちてしまいます。

なので、二重まぶたになるための手術を受けるのに、まずは負担の少なさ、効果の高さなど何を一番に優先するのかをよく考えましょう。

その上で、自分にはどういう手術が一番合っているのかを、信頼できる医師によく相談してみることです。

このページの先頭へ