冷たいスプーンで二重まぶたになれる?

冷たいスプーンでどうやって二重まぶたになるの?

「冷たいスプーンを使って、二重まぶたになれる。」なんて言うことを聞いたことはありませんか。

実は、冷たいスプーンで二重まぶたになる方法は、我が子を美しい容姿にしようと思う韓国のあるママが実践したものだそうです。

それで、冷やしたスプーンの使い方なのですが、スプーンの球の部分を目を覆うように当てるだけで良いのです。

この時、スプーンの先の円形が、まぶたの二重の線を付けたい部分に食い込むように、スプーンを立てながら当てましょう。

スプーンを当てる時は奥に向かってスプーンを押し込んで、さらに眉毛の下の骨に向かって押し込むと二重の線が付きやすくなります。

スプーンは冷蔵庫の中に入れて冷やすのも良いですし、氷水に付けておいて冷やすのも良いでしょう。

冷スプーンをまぶたに当てている時間は、片目に付き30秒くらいで大丈夫です。

あとは、スプーンを冷やしたり、まぶたに当てたりを5回繰り返すだけです。

二重まぶたになるのに使用するスプーンは、自分の付けたい二重の線に合わせて選ぶと良いでしょう。

「先の尖ったスプーンを使用した。」と言う人もいますが、自分の望む二重の線に合ったラインが存在するスプーンなら、どういうものでも大丈夫です。

冷たいスプーンで蒙古ひだも取れる?

「二重まぶたを目指すにも蒙古ひだが邪魔で、癖付けの効果が思うように実感できない。」こんな人はいませんか。

実は、冷たいスプーンを使用すれば、蒙古ひだが取れることもあるのです。

それで、冷たいスプーンで蒙古ひだを取る方法なのですが、まずはスプーンの先端を目頭に置いて、このまま鼻の骨に向かって引っ張ります。

30秒キープしたら戻して、スプーンの先を眉頭方向に引っ張って30秒キープしてください。

蒙古ひだが気になる場合には、ぜひこのマッサージもセットで実践してみてください。

冷たいスプーンを使う前にまぶたのマッサージも!

冷たいスプーンを使って癖付けをするだけでも良いのですが、どうせならもっと効率的なケアで二重まぶたを目指したいと思いませんか。

こんな場合にお勧めなのが、冷たいスプーンを使う前のまぶたのマッサージです。

まずは、蒸しタオルを使用してまぶたを温め、まぶたのむくみや脂肪を排除しておきます。

そして、今度は美容液やジェルなどを使用して、指の腹で目頭から目尻へとマッサージをしておきます。

もちろん、まぶたのマッサージは力を加えすぎず、優しく行ってくださいね。

まぶたのマッサージで余分な脂肪や皮膚をある程度落としておけば、冷たいスプーンでの癖付けの効果が高まりやすくなります。

このページの先頭へ