二重になるために寝る前にできることは?

二重まぶたの線を付けること

二重になるためには、1日の中でも特に寝る前がとても重要です。

寝る前に時間にどういうケアができるかで、二重まぶたに近付ける可能性が高まります。

それで、寝る前にやっておきたいこととして、まずは基本的な二重まぶたの線付けが挙げられます。

寝る前はまぶたのむくみが少ない時間帯なので、この時間帯を上手に活かして線付けをしておきましょう。

もちろん、それでもまぶたの厚みが気になる場合には、線付けの前にまぶたの脂肪や皮膚を減らすマッサージやエクササイズをしておくと良いでしょう。

それほどまぶたの厚みが気にならなければ、線付けだけでも十分です。

二重まぶたの線付けはいつやっても良いのですが、できるだけ寝る前の線付けは続けましょう。

そうすれば、何ヶ月と継続していくうちに、いつかは結果に繋がるかも知れません。

また、マッサージやエクササイズの際には、普段使用している乳液や美容液を使用するのも良いでしょう。

あるいは、目元専用のクリームを使用するのもお勧めです。

まつげの育毛を目指すことも効果的なケア!

二重まぶたとまつげは無関係のように思っている人は多いでしょう。

でも、上向きでしっかりとしたまつげは、二重になるような丁度良い圧力をまぶたにかけてくれます。

そこで、寝る前にまつげの育毛ケアを始めてみてはいかがでしょうか。

二重まぶたに関係なく、長くてしっかりした綺麗なまつげは、目をパッチリと見せてくれて魅力的なものです。

つけまつげを頻繁に使用したり、まつげエクステに通うのも、手間がかかる上に自まつげを傷めてしまう原因になります。

それで、まつげの育毛ケアの方法ですが、まつげ専用の美容液をまつげに塗るだけです。

もちろん、十分な睡眠を取ることも大切!

「二重まぶたになるために、十分な睡眠を取らなくちゃ!」などとは、あまり考えないでしょう。

でも、睡眠不足はまぶたのむくみ、目元のクマなどの原因になりますし、決して良いことはありません。

それで、十分な睡眠と言っても、人によって丁度良い睡眠時間は異なりますよね。

目安は1日6時間以上ですが、朝スッキリするかどうかで自分に合った睡眠時間を見つけると良いでしょう。

また、昼夜逆転したり、夜更かしをしたりしていませんか。

もちろん、仕事上生活リズムが崩れる分には、どうにも仕方がありません。

ただ、午後10時から翌日午前2時までの4時間は、「肌のゴールデンタイム」と言われる時間帯です。

肌のゴールデンタイムは肌の修復力も再生力も高まる時間帯なので、できるだけこの時間帯を含めて十分な睡眠を取りましょう。

このページの先頭へ