寝ながら二重になれる美容液があるって本当?

寝ながら二重になれる美容液の使い方は?

寝ながら二重になれる美容液があることを知っていましたか。

通常であれば、寝る間も惜しんで二重の線付けをするために、テープやのりを使用しますよね。

これらはまぶた専用のものではあるのですが、さすがに1日中肌に使っていては肌荒れや腫れの原因になります。

でも、二重専用の美容液はこのようなトラブルが起きないよう、肌に優しくて効果的な成分が使われているので安心です。

それで、美容液の使い方なのですが、まずは二重の線を付けたい場所に塗って、プッシャーで押し込みます。

まぶたがくっついたのが確認できたら、あとは寝るだけで線付けをすることができます。

そして、朝起きたら洗顔して、お湯でまぶたをふやかしながら美容液を落としてください。

美容液が完全に落ちた後は、二重の線がつくのが確認できます。

何より寝ている間は、瞬きがほとんどないため線付けには適しています。

寝ている間にしっかりと線付けを行うことができれば、二重メイクをそんなに真面目にする必要はありません。

寝ながら二重になれる美容液に含まれている成分は?

寝ながら二重になれるある美容液では、むくみやかぶれなどを引き起こさない有効成分が豊富に使われています。

具体的な有効成分は、ボタンエキス、フユボダイジュ、アルニカ葉エキス、アルテア根エキス、サクラ葉エキスなどです。

ボタンエキスはボタンの根や皮から採取したエキスで、保湿効果、血行促進効果、消炎効果などがあります。

フユボダイジュはボダイジュ(シナノキ)の花から採取したエキスで、肌のキメを整えてハリを与える効果があります。

アルニカ葉エキスは「アルニカ」と言うキク科植物の花から採取したエキスで、ボタンエキスと同じように保湿効果、血行促進効果、消炎効果などがあります。

アルテア根エキスはアルテアの根から採取したエキスで、保湿性に優れていて皮膚への刺激を軽減して、皮膚を柔軟にする効果があります。

サクラ葉エキスは桜の葉から採取したエキスで、炎症を抑えて肌荒れやアレルギー、痒みなどを抑える効果があります。

また、寝ながら二重になれる美容液は、接着力が強いだけにまだ肌への刺激を不安に感じている人もいるかも知れませんね。

確かに、通常の接着力の強いテープやのりだと、容器内で固まらないようにエタノールが希釈成分として使われていることが多いです。

でも、寝ながら二重になれる美容液に関しては、独自配合で刺激を最小限に抑えて作ってあります。

5千円近くもする商品で長期的に使用することを考えると若干高く感じるかも知れませんが、時期によっては割引価格でお手頃に購入できることもあります。

お得な定期コースがありながらも、1回のみでの解約を受け付けている商品もあるので、気軽に始められそうな商品を探してみると良いでしょう。

このページの先頭へ