二重になりたい人にお勧めのメイク法は?

もっともナチュラルに見える二重メイク法は?

「二重になりたいけど、アイプチやアイテープは使いたくない。」なんて言う人はいませんか。

あるいは、普段アイプチやアイテープを使っていても、時にはお休みしたい日もあるかも知れませんね。

こんな時には、二重まぶたに見えるようなメイクををしてみるのもお勧めです。

それで、もっともナチュラルに見える二重メイク法をご紹介しましょう。

まずは、二重まぶたの線を付けたい場所に、薄めのアイライナーで線を引きましょう。

次に、二重の幅の部分にアイシャドウを塗っていき、ムラが気になる部分は綿棒を使ってぼかします。

そして、薄めのアイライナーで二重の線を引いた部分を、もう一度ペンシル系アイライナーで濃いめになぞります。

この時、真っ直ぐ線を引くのが苦手な人は、先の尖った綿棒を使って少しずつアイライナーを乗せていくのがお勧めです。

最後は、綿棒を使って二重の線をぼかして出来上がりです。

不自然さが目立つ場合には、肌色や茶色のアイシャドウを使用して微調整を行うと良いでしょう。

二重メイクをするのに便利なアイテムは?

二重メイクをするのに便利なアイテムと言えば、まずは二重ライン用のアイライナーがあります。

「初めての二重メイクで、上手く行くか心配!」と言う場合には、やはり二重ライン用のアイテムがあると心強いです。

もちろん、上手く行く自信があれば、アイライナーは普段使用しているものでも問題ありません。

ただ、色が薄めでブラウン系のアイライナーだと、初心者でもナチュラルな仕上がりになりやすいです。

ところで、アイライナーにはリキッドタイプ、ペンシルタイプがありますよね。

綿棒を使ってアイライナーを乗せる分には、リキッドタイプの方が良いでしょう。

でも、最後に濃いめに線をなぞる時には、ペンシルタイプがあると便利です。

リキッドタイプ、ペンシルタイプ、それぞれのアイテムに違ったメリットがあるので、できれば両方のタイプを用意しておくと良いかも知れませんね。

それから、アイシャドウはアイライナーよりも色々なカラーがありすぎて、どういうものを選んだら良いのか迷う人も多いでしょう。

二重の線を微調整するために使用することを考えると、やはり濃いめの茶色、薄めの茶色、肌色の3種類は用意しておきたいものです。

この他には、真っ直ぐ線を引く用に先の尖った綿棒、二重の線をぼかす用に通常の綿棒があると便利です。

このように二重メイクには用意するものが色々ありますが、アイプチやアイテープ無しで二重になれるのだと思って、頑張って準備しておきましょう。

このページの先頭へ