まつげを上向きのするのは二重になるのに効果的?

上向きに圧力を加えると二重まぶたになりやすい!

「まつげを上向きにすると、二重まぶたになりやすい!」なんて言うようなことを聞いたことはありませんか。

もしかしたらアイメイクの目的だけではなく、二重まぶたになる目的でマスカラを使って、まつげを上向きにしている人もいるかも知れませんね。

まつげを上向きにすると、まぶたに上向きに圧力が加わり、まぶたにナチュラルな二重の線ができやすくなるのです。

それで、まつげを上向きにするのに使用するマスカラは、もちろん普段使用しているもので大丈夫です。

ただ、選べるのであれば、速く乾くタイプのもの、ファイバー入りのものを選ぶのがベストです。

このようなものだとビューラーを使った時に、まつげを太めに包み込んで、カールしやすいだけではなく安定感も抜群です。

強めにまつげを押し上げることができれば、当然まぶたも上向きに押し上げやすくなります。

ビューラーをよく使用している人なら大体分かっているでしょうが、ビューラーはまつげの根元から確実に上げていってくださいね。

ここで、既にまつげエクステを利用している人もいるかも知れませんね。

実は、まつげエクステもまつげを上げるのと同じで、まぶたを上げて二重になりやすくする効果があります。

でも、残念なことに、まつげエクステは時間とともに劣化していくものです。

一生まつげエクステで過ごすつもりであれば良いのですが、そうでなければ自まつげを傷めるので止めておいた方が良いです。

つけまつげを賢く利用するのもお勧め!

まつげを上向きにした後は、つけまつげを賢く利用してアイメイクを仕上げるのも良いでしょう。

つけまつげはまつげエクステと同じようなものに見えるかも知れませんが、劣化が少ない分お勧めです。

使い捨てタイプのものなら、いつも綺麗な状態で使用できますよね。

慣れないうちはマスカラよりも時間がかかっても、慣れてくればマスカラよりも短時間でアイメイクができるようになります。

ここで、「マスカラがあるのに、なぜつけまつげ?」と思う人はいませんか。

マスカラは自まつげに付けるので、残念ながらカールの安定感に乏しいです。

でも、つけまつげは元々カールが付いていますし、このカールをずっとキープすることが可能です。

もちろん、カールをキープできると言うことは、まぶたへの上向きの圧力も同じようにずっとキープすることができます。

実際に「マスカラよりもつけまつげの方が、二重まぶたになりやすい。」と言う人も多いようです。

ちなみに、つけまつげの種類は、根元がしっかりしていて適度な長さの直毛タイプが良いでしょう。

このようなものだと、ビューラーを入れた時にナチュラルなカールに仕上げやすくなります。

このページの先頭へ