理想的な二重まぶたの幅はどのくらい?

二重まぶたには種類がある!

「二重まぶたになりたい!」と思っている人なら、大抵は黒目がしっかりと見える、パッチリ目をイメージしている人が多いのではないでしょうか。

確かに、パッチリ目はもっとも女性らしく、お人形さんみたいで可愛いし、誰もが憧れる二重まぶたですよね。

実は、二重まぶたには、線の幅によって他にも「奥二重」、「末広タイプ」、「幅が狭めの平行タイプ」、「幅広の平行タイプ」などの種類があるのです。

まず、奥二重は皆さんもよく知っているように、二重の線がまぶたの脂肪や皮膚の奥に入り込んだ二重まぶたのことです。

二重まぶたになるにしても、今までとは目のイメージを大きく変えたくない人にお勧めのタイプの二重まぶたです。

末広タイプは目尻側の幅が広く、日本人の顔をもっともナチュラルに見せてくれる二重まぶたです。

日本人によく似合うだけあって、二重のラインを付けようと思った時に定着しやすいのも、このタイプのまぶたの特徴です。

それから、幅が狭めの平行タイプは、目頭から目尻まで狭めの幅がある二重まぶたのことです。

スッピンでもエレガントな感じで、人気のある二重まぶたです。

幅広の平行タイプは、目頭から目尻まで広めの幅がある二重まぶたのことです。

アイメイクをバッチリしたい人、ギャルなどに人気のある二重まぶたです。

「取り敢えず二重になりたい。」と言う場合には、比較的定着しやすい奥二重や末広タイプがお勧めです。

エレガントさ重視なら幅が広めの平行タイプ、アイメイクを決めたいなら幅広の平行タイプ、完璧に近い二重まぶたを目指すならパッチリ目がお勧めです。

理想的な二重まぶたの幅は線の付けやすさで分かる!

基本的には、奥二重、末広タイプ、幅が狭めの平行タイプ、幅が広めの平行タイプ、パッチリ目の中から、自分が理想的だと思うものを選べば良いです。

ただ、自分にとって理想的でも、人から見ると「何か違う。」と思われるのに抵抗がある人もいるかも知れませんね。

そこで、理想的な二重まぶたの幅がどのくらいなのか、知りたいと思っている人はきっと多いはずです。

雑誌とかネットだと、「6mm幅くらいが良い。」とか「7mm幅が良い。」とか、曖昧な情報が多いですよね。

でも、本当の所、目の状態は人によって違うのですから、「○mm幅が良い。」とはっきりした幅の数値は無いのです。

「○mm幅が良い。」と書かれているメディアがあるとしたら、それはモニター調査の結果として表れた数値なのかも知れません。

モニター調査の結果はあくまでも参考程度の情報で、必ずしも皆さんに合った情報と言う訳ではないので注意しましょう。

それで、理想的な二重まぶたの幅は、自身で確かめてみないことには分かりません。

どういうふうに確かめるかと言うと、まぶたの脂肪や皮膚を減らすエクササイズやマッサージを行って、線を付けやすい場所を探すのです。

ちなみに、線を付けやすい場所は、エクササイズやマッサージによって脂肪や皮膚が薄くなった場所です。

脂肪や皮膚が薄くならない場所は、まず理想的な二重まぶたの幅にならないと考えてください。

このページの先頭へ