絆創膏で二重になれる?

絆創膏で二重まぶたになる方法は?

絆創膏と言えば、100円ショップでも薬局でもスーパーでも、お手頃価格で手に入るアイテムですよね。

ちょっとした怪我をした時にあると便利なアイテムで、誰もが自宅に1箱置いているのではないでしょうか。

実は、こんな身近なアイテムで、二重まぶたになることができてしまうのです。

では、絆創膏で二重まぶたになる方法をご紹介しましょう。

まずは、絆創膏の茶色い粘着部分を細長い形にカットするのですが、自分のまぶたに合った形にカットしましょう。

そして、目を開いたまま、まつげの根元部分にカットした絆創膏を貼ります。

ただ、コンタクトレンズを着用していたり、目を開いたまま絆創膏を貼るのが怖いと言う人もいるでしょう。

こんな人は目を閉じたままでも大丈夫ですが、まつげよりも若干上の部分に絆創膏を貼ってくださいね。

絆創膏で二重まぶたになる方法は、ただこれだけで簡単です。

睡眠中でも自宅で過ごしている時でも、できるだけ長い時間絆創膏を貼った状態でいると、だんだんと二重まぶたが定着しやすくなります。

もちろん、絆創膏を使ったからと言って、必ずしも二重まぶたになれると言う訳ではありません。

でも、絆創膏と言う身近でお手頃なアイテムで、二重まぶたになれる可能性は十分にあります。

なので、お手頃に二重まぶたを目指したいと言う人は、試してみる価値はあります。

絆創膏はどういうものが良いの?

二重まぶたになるための絆創膏ですが、睡眠中や自宅で過ごしている時に使用する分には、自宅にあるもので大丈夫です。

でも、外出する時に使用する場合には、材質へのこだわりは大切ですよね。

例えば、絆創膏には布テープのもの、ビニールテープのものなどがあります。

二重まぶたになるために使用するのであれば、比較的アイテープに近いビニールテープのものがお勧めです。

また、絆創膏には、粘着部分に細かい穴がたくさん付いているものも多いですよね。

二重まぶたになるために使用するものは、できることなら穴が無いものの方が目立ちにくく、外出する時に使いやすいです。

ここで、「絆創膏の代わりにセロテープは使えないの?」と思っている人はいませんか。

確かに、セロテープも粘着があってビニールテープで、見た目的には問題ありません。

ただ、セロテープは肌に使用するために作られているものではないので、絆創膏以上に肌のかぶれを引き起こしやすいです。

さらに、絆創膏よりも硬めで形を調整しにくいので、身近なもので二重まぶたになるなら絆創膏を使用するのがお勧めです。

このページの先頭へ