二重になるのにアイプチは効果的?

そもそも、アイプチってどうやってやるの?

二重になるのに多くの人がすぐに思い付く方法と言えば、アイプチがありますよね。

「アイプチってよく聞くけど、どうやってやるの?」と言う人も多いのではないでしょうか。

では、アイプチの基本的なやり方をご紹介しましょう。

まずは、コットンやティッシュを使って、まぶたの油分を拭き取っておきます。

そして、プッシャーを使ってまぶたを優しく押しつつ、二重まぶたの線を付けたい部分を探してください。

線を付ける場所を決めたら、筆を使って薄めにアイプチを塗ってください。

それから、アイプチが乾燥したら半透明になるので、プッシャーで線を付けたい部分を優しく押し上げると同時に、目をゆっくり開けてください。

最後は、プッシャーをゆっくり外してから、もう一度プッシャーを当てて二重の線を深めに調整して定着させましょう。

アイプチはどういうものは良い?

アイプチと言っても、のりタイプ、テープタイプなどがありますよね。

アイプチの基本的なやり方ではのりタイプのやり方をご紹介しましたが、テープタイプよりものりタイプを使用する人の方が多いでしょう。

のりタイプでも、商品によっては速乾性の高いものもあります。

ただ、速乾性の高いものには実はデメリットもあって、慣れていなくて時間のかかる人だと大変ですよね。

慣れないうちは、速乾性のないものを使用した方が余裕を持って調整ができそうです。

また、のりタイプでは、塗る時は白色でも時間とともに透明になってくれるものもあります。

このようなものだと、初めてアイプチを使う人でも、塗った部分が分かりやすくて便利です。

アイプチを使う時のコツや注意点は?

メイクをしてからアイプチを使おうとしている人はいませんか。

残念ながら、これではメイクの油分でアイプチが落ちやすくなります。

メイクの前に油分をしっかり落としてアイプチを使用すれば落ちにくいですし、アイラインも引きやすくなります。

それから、プッシャーを当てる時はプッシャーにのりを付けないように、二重の食い込みに入れないようにして軽く当てましょう。

そして、まだ不安定なまぶたの両端に何度もプッシャーを当てて、二重の線を調整しましょう。

また、二重の線が末広がりになっていると、綺麗な二重まぶたに仕上がりやすくなります。

なので、二重の線が目の中央になるように、まぶたのもっとも膨らんだ部分から線を付けていきましょう。

それで、まぶたを均等に伸ばしてアイプチを若干乾燥気味にして、もう一度プッシャーで「目頭⇒目尻」と強く当てながら線を付けましょう。

このページの先頭へ