一重まぶたと二重まぶたの違いは?

まぶたの種類には、一重まぶたと二重まぶたがあります。

特に女性なら多くの人が二重まぶたになりたいと思うものですが、一重まぶたと二重まぶたには一体どういう違いがあるのでしょうか。

ただ、「まぶたに線があるかないかの違いだけ。」なんて思っている人も多いかも知れませんね。

でも、実は一重まぶたと二重まぶたは、ただまぶたに線があるだけの違いではないのです。

まず、二重まぶたの線は皮膚から目を開く筋肉にかけて通っていて、皮膚の中に入り込んでいます。

そして、目を開くとこの線が皮膚を引っ張ってくれるので、はっきりとした二重になるのです。

一方、一重まぶたの人はこの線があるにもかかわらず、薄めではっきりとしにくくなっています。

ところが、一重まぶたの場合には、脂肪や皮膚が分厚くて重いために、線が皮膚を引っ張ることが難しくて一重になってしまうのです。

「年を取ったら二重になった。」と言う人もいるのですが、こういう人は年齢とともに脂肪や皮膚が減って線が強くなったからなのでしょう。

つまり、脂肪や皮膚が薄めの人の方が分厚い人よりも線が付きやすく、二重まぶたになりやすいと言えます。

脂肪や皮膚が分厚い人でも二重になれる方法がある!

「脂肪や皮膚が分厚い人の方が二重まぶたになりにくい。」と聞くと、二重まぶたになることを諦めたくなるかも知れませんね。

ただ、脂肪や皮膚が分厚い人が、絶対に二重まぶたになれないと言う訳ではありません。

脂肪や皮膚が薄い人に比べると二重まぶたになりにくいですが、地道な努力で二重まぶたになれることもあります。

なので、「これでもか。」と思うくらいに頑張ってみましょう。

それで、どう頑張れば良いかと言うと、まずは脂肪や皮膚を薄くしていくことです。

ここで、食事を減らすダイエットを考える人もいるかも知れませんが、体全体が痩せればまぶたの脂肪や皮膚が少なくなると言う訳ではありません。

脂肪や皮膚を減らしたいのは取り敢えずはまぶただけなので、まぶたに特化したマッサージやエクササイズを実践するのがお勧めです。

マッサージやエクササイズは、1日や2日ではなかなか効果が実感できないかも知れません。

でも、毎日続けていくうちに、少しずつまぶたの脂肪や皮膚を落としていくことは可能です。

マッサージやエクササイズはなかなか効果が実感できなくても、最低3ヶ月は継続したいところです。

また、まぶたの筋肉を強化することも、二重まぶたになるために効果的だと言われています。

確かに、まぶたの脂肪や皮膚が少なくなっても、脂肪や皮膚を支える筋肉が少なければ、なかなか二重まぶたになることはできません。

まぶたの筋肉の強化も、マッサージやエクササイズで可能です。

まぶたの脂肪を減らして二重の線を付けやすい状態にすること!

二重まぶたになるのに必要な要素として、まずはまぶたの脂肪や皮膚を減らすことが挙げられます。

まぶたの脂肪や皮膚が分厚いと、二重の線を付けようと思ってもすぐに消えてしまいます。

脂肪や皮膚が分厚いと言うことは、それだけまぶたが重いと言うことでもあります。

二重まぶたの人だと二重の線が脂肪や皮膚を引っ張ってくれるのですが、脂肪や皮膚に重みがあると二重の線がその重みを支えることができません。

なので、二重まぶたになりたいと思った時に、まず頑張ってみたいのがまぶたの脂肪や皮膚を減らすための努力です。

まぶたの脂肪や皮膚を減らすことは、二重まぶたになるための整形手術でも行われるくらいです。

このように考えると、まぶたの脂肪や皮膚を減らすことができれば、高い確率で二重まぶたになれることは何となく分かるでしょう。

それで、まぶたの脂肪や皮膚を減らす方法として、マッサージやエクササイズでまぶたの血行を促すのも良いでしょう。

まぶたのマッサージ専用のクリームを上手に活用するのも、マッサージやエクササイズの効果を高めるのにお勧めです。

まぶたを温めたり冷やしたりするのも、まぶたの血行が良くして脂肪を燃焼しやすくすることが可能です。

もちろん、まぶたの脂肪や皮膚を減らす方法をあれこれ試すのではなく、これと言った方法を1つ選んで継続的に実践する方が効率的です。

二重まぶたの線を付けることも大切!

二重まぶたになるのに必要な要素として、まぶたの脂肪や皮膚を減らすこと以外に、二重まぶたの線を付けることも挙げられます。

確かに、まぶたの脂肪や皮膚を減らすだけでも、自然に二重まぶたになることがあります。

例えば、「年齢とともに二重まぶたになった。」と言う人が、これに該当します。

ただ、中にはまぶたの脂肪や皮膚が減っただけでは、まだまだ二重まぶたにならない人もいます。

あるいは、マッサージやエクササイズで一時的にまぶたの脂肪や皮膚が減っても、またすぐにまぶたが分厚くなってしまう人もいるでしょう。

このような人だと、まぶたの脂肪や皮膚を減らすケアをしてから、二重まぶたの線を付けるケアも必要です。

もちろん、まぶたの脂肪や皮膚がすぐに分厚くなってしまう人だと、二重まぶたの線を付けてもすぐに元に戻ってしまいます。

でも、二重まぶたになりにくい人が二重まぶたになるためには、とにかく地道な努力が必要なのです。

気付いたらまぶたの脂肪や皮膚を減らすケア、二重まぶたの線を付けるケアをセットで行うくらいがベストです。

最低1日に1回は頑張りたいところで、実はやりすぎもかえって皮膚をたるませる原因になります。

なので、目が疲れない程度に、1日に数回ほど実践しましょう。

ちなみに、二重まぶたの線は、「この場所に線が付いたら良いな。」と思う場所で大丈夫です。

このページの先頭へ